SponsoredLink

掌の多汗症の治療方法

掌に大量の汗をかく病気、多汗症。掌以外でも、足や脇、顔や頭部などの多汗症もありますが、多汗症の中でも掌の多汗症は多いそうです。


掌に汗をかく多汗症ですが、一言に掌の多汗症とは言っても、その重症度で多汗症の治療方法は様々です。まず一番に考えられるのは、外用薬による多汗症の治療です。塩化アルミニウムを主成分とする外用薬を掌に塗布して多汗症を治療する方法で、この多汗症の外用薬は一般の薬局でも手に入れることができます。


外用薬では効果がない掌の多汗症の場合、次に考えられる治療法はイオントフォレーシスという多汗症治療です。これは汗の出口に電気的刺激を与えて、汗を減らすという多汗症治療法です。また、もっと重症の掌の多汗症になると、手術による多汗症治療が考えられます。


外用薬やイオントフォレーシスによる多汗症治療は、必ずしも医師の受診を必要としませんが、適切な多汗症治療を考えると、多汗症を専門的に診てくれる病院に相談するのが一番いいようです。また、皮膚科でも多汗症を診てくれるようです。


掌の多汗症は、重症になると日常生活にもかなりの支障をきたします。多汗症をきちんと治すためにも、おかしいなと思ったら、自分で何らかの多汗症治療を試してみるよりも、まずは多汗症専門の病院へ相談してみることをオススメします。

多汗症ならボトックス注射はどうでしょう?

手のひらや脇に大量の汗をかいてしまう病気、多汗症。多汗症の治療には、外用薬や手術など様々な方法がありますが、今、注目されている多汗症の治療法として、ボトックス注射による治療があります。


ボトックスでの多汗症治療は、汗を出させる神経伝達をブロックして発汗を抑える方法です。ボトックス注射をするだけなので、短時間で受けられる多汗症治療です。多汗症手術のように施術後の制限もなく、効果も半年ほど持続します。一度のボトックスによる多汗症治療で、ひと夏越せますね。


効果が半年持続する…つまり、ボトックス注射での多汗症治療の効果は、一時的なものです。半年ほど経てば、元の状態に戻ります。多汗症を完全に治すという治療法ではありませんが、元の状態に戻る=安全な多汗症治療法とも言えます。


多汗症治療には、手術という方法ももちろんあります。しかし、手術で多汗症治療をした場合、副作用が起こることもよくあるようです。また、手術という多汗症治療を選択した場合、元の状態に再び戻すというのは非常に困難なことと思われます。


万が一副作用がキツくても、もう元には戻れない手術による多汗症治療と、半年効果が持続して安全に元に戻るボトックスの多汗症治療。さぁ、あなたが多汗症の悩みを抱えたとしたら、どっちを選びますか???

多汗症手術、ETSに伴うリスク

多汗症の治療法は様々あります。外用薬などの多汗症治療で効果が見られない場合に、ひとつの選択肢として挙げられるのが、多汗症を手術で治療するという方法。ETSという多汗症手術の方法があり、掌・脇・顔・頭部の多汗症に効果があります。


ETSという多汗症手術は、特に掌の多汗症には高い効果が見られます。しかし、ETSは自律神経のひとつである交感神経の働きを抑える処置をする手術なので、もちろん多少のリスクがあることも知っておく必要があります。


元々ETSという多汗症手術は、北欧で開発された多汗症手術でした。発汗能力の低い白人がこの多汗症手術を受ける分には問題が無かったのですが、有色人種がこの多汗症手術を受けた場合、反射性発汗という副作用が起こるのです。


反射性発汗とは、ETSの術後、多汗症だった掌の汗はぴたりと止まる代わりに、身体の他の部位から大量の発汗が見られるという副作用です。この副作用を軽減させるために、多汗症手術でETSを施術する場合、片側のみ行って術後経過を見る方法が取られているようです。


またETSは高度な技術を必要とする多汗症手術のため、万が一不適切な切除が行われた場合、ホルネル症候群という瞼が垂れ下がってしまう副作用が起こることがあるそうです。


多汗症手術ETSは、多汗症の深刻な悩みを抱える人にとってはとても画期的な多汗症の治療法だと思います。でも、多汗症治療にETSを選択するなら、まずは信頼できる病院・お医者さんを見つけることが一番大切だといえるかもしれません。