SponsoredLink

多汗症の種類とその原因

多汗症とは、その字の通り、多量の汗をかいてしまう病気です。多汗症という病気の認知度はまだ低く、実は多汗症の悩みを抱えているという人も潜在的にはかなりいるようです。一言に多汗症と言っても、多汗症には色々な種類があり、それぞれ原因も様々です。


身体全身で汗を多量にかいてしまうものを全身性多汗症といいます。全身性多汗症の原因は大きく分けると二つあり、特に原因のない原発性多汗症…つまり生まれつきそういう体質というものと、脳の視床下部の異常や糖尿病などの全身疾患を原因とする多汗症があります。


手のひらに特に大量の汗をかくのが、手掌多汗症。重度の手掌多汗症ともなると、普通の状態で拳から汗が滴り落ちるほどの発汗があり、日常生活にも支障をきたします。手掌多汗症の原因は、精神的なものが強く、大脳からの刺激が関与していると見られています。


多汗症の中でも一番多いとされているのが、局所性多汗症です。掌、足の裏、顔、頭部などに大量の汗をかく多汗症で、原因としては、交感神経の働きが強すぎることが挙げられています。多汗症のほとんどは、この局所性多汗症であるとも言われています。


他にも、足の裏にだけ異常に汗をかく多汗症や、食事を取ると異常に汗をかいてしまう多汗症もあります。いずれも原因は、ストレスなど精神性のものが強いとされています。


汗は体温を調節するなど、私達の身体を正常に維持するためには不可欠な存在。でも、余りにも大量の発汗はやはり普通ではありません。多汗症の原因…特に精神的なものは誰にでも起こりうること。貴方の汗は、大丈夫ですか?
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5963544
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック