SponsoredLink

多汗症ならボトックス注射はどうでしょう?

手のひらや脇に大量の汗をかいてしまう病気、多汗症。多汗症の治療には、外用薬や手術など様々な方法がありますが、今、注目されている多汗症の治療法として、ボトックス注射による治療があります。


ボトックスでの多汗症治療は、汗を出させる神経伝達をブロックして発汗を抑える方法です。ボトックス注射をするだけなので、短時間で受けられる多汗症治療です。多汗症手術のように施術後の制限もなく、効果も半年ほど持続します。一度のボトックスによる多汗症治療で、ひと夏越せますね。


効果が半年持続する…つまり、ボトックス注射での多汗症治療の効果は、一時的なものです。半年ほど経てば、元の状態に戻ります。多汗症を完全に治すという治療法ではありませんが、元の状態に戻る=安全な多汗症治療法とも言えます。


多汗症治療には、手術という方法ももちろんあります。しかし、手術で多汗症治療をした場合、副作用が起こることもよくあるようです。また、手術という多汗症治療を選択した場合、元の状態に再び戻すというのは非常に困難なことと思われます。


万が一副作用がキツくても、もう元には戻れない手術による多汗症治療と、半年効果が持続して安全に元に戻るボトックスの多汗症治療。さぁ、あなたが多汗症の悩みを抱えたとしたら、どっちを選びますか???
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5963573
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック