SponsoredLink

掌の多汗症の治療方法

掌に大量の汗をかく病気、多汗症。掌以外でも、足や脇、顔や頭部などの多汗症もありますが、多汗症の中でも掌の多汗症は多いそうです。


掌に汗をかく多汗症ですが、一言に掌の多汗症とは言っても、その重症度で多汗症の治療方法は様々です。まず一番に考えられるのは、外用薬による多汗症の治療です。塩化アルミニウムを主成分とする外用薬を掌に塗布して多汗症を治療する方法で、この多汗症の外用薬は一般の薬局でも手に入れることができます。


外用薬では効果がない掌の多汗症の場合、次に考えられる治療法はイオントフォレーシスという多汗症治療です。これは汗の出口に電気的刺激を与えて、汗を減らすという多汗症治療法です。また、もっと重症の掌の多汗症になると、手術による多汗症治療が考えられます。


外用薬やイオントフォレーシスによる多汗症治療は、必ずしも医師の受診を必要としませんが、適切な多汗症治療を考えると、多汗症を専門的に診てくれる病院に相談するのが一番いいようです。また、皮膚科でも多汗症を診てくれるようです。


掌の多汗症は、重症になると日常生活にもかなりの支障をきたします。多汗症をきちんと治すためにも、おかしいなと思ったら、自分で何らかの多汗症治療を試してみるよりも、まずは多汗症専門の病院へ相談してみることをオススメします。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5963596
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック