SponsoredLink

掌の多汗症の治療方法

掌に大量の汗をかく病気、多汗症。掌以外でも、足や脇、顔や頭部などの多汗症もありますが、多汗症の中でも掌の多汗症は多いそうです。


掌に汗をかく多汗症ですが、一言に掌の多汗症とは言っても、その重症度で多汗症の治療方法は様々です。まず一番に考えられるのは、外用薬による多汗症の治療です。塩化アルミニウムを主成分とする外用薬を掌に塗布して多汗症を治療する方法で、この多汗症の外用薬は一般の薬局でも手に入れることができます。


外用薬では効果がない掌の多汗症の場合、次に考えられる治療法はイオントフォレーシスという多汗症治療です。これは汗の出口に電気的刺激を与えて、汗を減らすという多汗症治療法です。また、もっと重症の掌の多汗症になると、手術による多汗症治療が考えられます。


外用薬やイオントフォレーシスによる多汗症治療は、必ずしも医師の受診を必要としませんが、適切な多汗症治療を考えると、多汗症を専門的に診てくれる病院に相談するのが一番いいようです。また、皮膚科でも多汗症を診てくれるようです。


掌の多汗症は、重症になると日常生活にもかなりの支障をきたします。多汗症をきちんと治すためにも、おかしいなと思ったら、自分で何らかの多汗症治療を試してみるよりも、まずは多汗症専門の病院へ相談してみることをオススメします。

多汗症ならボトックス注射はどうでしょう?

手のひらや脇に大量の汗をかいてしまう病気、多汗症。多汗症の治療には、外用薬や手術など様々な方法がありますが、今、注目されている多汗症の治療法として、ボトックス注射による治療があります。


ボトックスでの多汗症治療は、汗を出させる神経伝達をブロックして発汗を抑える方法です。ボトックス注射をするだけなので、短時間で受けられる多汗症治療です。多汗症手術のように施術後の制限もなく、効果も半年ほど持続します。一度のボトックスによる多汗症治療で、ひと夏越せますね。


効果が半年持続する…つまり、ボトックス注射での多汗症治療の効果は、一時的なものです。半年ほど経てば、元の状態に戻ります。多汗症を完全に治すという治療法ではありませんが、元の状態に戻る=安全な多汗症治療法とも言えます。


多汗症治療には、手術という方法ももちろんあります。しかし、手術で多汗症治療をした場合、副作用が起こることもよくあるようです。また、手術という多汗症治療を選択した場合、元の状態に再び戻すというのは非常に困難なことと思われます。


万が一副作用がキツくても、もう元には戻れない手術による多汗症治療と、半年効果が持続して安全に元に戻るボトックスの多汗症治療。さぁ、あなたが多汗症の悩みを抱えたとしたら、どっちを選びますか???

ワキガと多汗症に、超音波治療法

多汗症治療、そしてワキガの治療に非常に効果があるとして、最近注目されているのが、超音波治療法です。この超音波治療法は、超音波で脇の下の汗腺・皮脂腺を除去するという治療法で、手術時間も約30分ほどで済むという画期的な多汗症・ワキガ治療法です。


この超音波治療法は、手術とはいえ肉体的負担も少なく、痛みもほどんどありません。入院の必要もなく術後の回復も早いです。その上、従来のワキガ手術よりも効果が高く再発の可能性も低いのです。ワキガと多汗症を簡単に完治できる治療法、それが超音波治療法です。


ワキガや多汗症に高い効果のある超音波治療法。とはいえ手術であることに変わりはないのでデメリットもそれなりにあるのかというと…実はあまり無いんです(笑)。強いて言えば、この最新機器を導入している病院、使いこなせる医師が少ないということでしょうか。


ただ、もちろん超音波治療法は手術なので、持病などによっては受けられない場合もあるようです。詳しくは、ワキガや多汗症の専門医、または病院で相談してみるのがいいでしょう。


あ、ひとつありました、デメリット!多汗症の治療に関して言えば、この超音波治療法は脇の下の多汗症の治療のみに有効です。手のひらの多汗症や顔面の多汗症には、この超音波治療法は手術できません、あしからず。